ここから本文です

阪神・西岡、復帰後初の猛打ショー 敵地で存在感も守備でミス…笑顔なし

8/2(水) 9:00配信

デイリースポーツ

 「広島4-3阪神」(1日、マツダスタジアム)

 熟練のバットコントロールは健在だ。25日・DeNA戦(甲子園)以来、6試合ぶりにスタメン出場した阪神・西岡剛内野手(33)。真っ赤に染まる敵地で放った3本の快音。「今日、結果が出たことは良かったと思います」と険しい表情で言葉を紡いだ。

【写真】母校・大阪桐蔭、3年ぶり9度目の夏の甲子園決めた

 「1番・左翼」でスタメンに名を連ね、初回は野村から中前打。五回無死一、二塁では、再び中前へ運んだ。九回は守護神・今村のボールを捉え、左前打。左アキレス腱断裂から実戦復帰後、初の猛打賞と存在感を示した。

 「復帰してから自分の中で感覚がズレているところがあって。名古屋でも、昨日も、一日修正していたんですけど。それが正しいか、今は確認している状況ですね」

 7月17日・広島戦(甲子園)で不死鳥のごとく復活。7試合連続で先発出場したが、疲労なども考慮されて5試合分の“休養”を設けられた。打撃投手に自身のフォームについて質問するなど、限られた時間を有効活用。片岡打撃コーチは「明るく、元気なところを見せてくれた」と、この日の3安打を称えた。

 一方、左翼の守備では七回に田中の飛球を落としてしまうミスもあった。求められるレベルは高い。攻守での西岡の活躍が虎の命運を握る。

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ