ここから本文です

イチロー、代打で中飛 チームは6点差を逆転勝ち

8/2(水) 11:21配信

デイリースポーツ

 「マーリンズ7-6ナショナルズ」(1日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(43)は八回に代打で出場し、中飛だった。守備には就かず、1打数無安打で打率を・231(130打数30安打)とした。

【写真】イチロー、電撃トレード直前のダルビッシュと談笑

 1点リードの八回に2死走者なし。地元ファンの拍手と歓声を受けて打席に入ったイチローは中継ぎ右腕のブラントンに対し、フルカウントから7球目、ほぼ真ん中の143キロ速球をとらえたが、鋭い当たりは野手のほぼ正面だった。

 試合は、マーリンズが二回に6点を先制されたが、三回に1点を、四回に2点を返して3点差。3-6の五回にオズナの25号3ランとディートリックの適時打で逆転に成功した。六回以降は田沢らの継投で逃げ切った。