ここから本文です

ウーマン村本、初めて好きなことが仕事になった!「ラ・ラ・ランド」PR

8/2(水) 14:36配信

お笑いナタリー

ウーマンラッシュアワー村本が、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」Blu-ray / DVDの応援アンバサダーに就任。本日8月2日に東京・ポニーキャニオンで行われたリリース記念イベントに出席した。

【写真】ライアン・ゴズリング演じるセブに扮したウーマンラッシュアワー村本。(他15枚)

劇場へ4度足を運ぶほどのファンだという村本はアンバサダー就任について「夢のよう。本当に好きなものを初めて仕事にできた」と喜び、「生涯のナンバーワン映画。人生を変えられた。自分も『世界に発信したい』と思うようになり、英会話の勉強を始めました。留学も考えています」と「ラ・ラ・ランド」への思いを告白。イベント前にポニーキャニオンの重役が楽屋へ挨拶しに来ると、歯磨き中だったが口に溜まっていた液体をすべて飲みこんでアンバサダー就任の感謝を伝えたという。

またこの日、ライアン・ゴズリング演じるセブ風のヘアスタイルと衣装で報道陣の前に現れた村本。下積み時代、エマ・ストーン演じるヒロイン・ミアと同じ名前の女性と交際していたことを明かし、「『お笑いに集中して』って家電も交通費もジュース代も全部出してくれた。でも映画と違うのは、別れたあとにすべての請求書が届いて(笑)。最悪の結末でした」と笑いを交えて本作にちなんだエピソードを披露した。

村本と共にアンバサダーとなった泉里香も登場し、フォトセッションでは2人で「ララポーズ」に挑戦。その後の囲み取材で村本は「泉さんも大好き。今回の話を聞いたとき、嫌な言い方するとカモがネギ背負ってやって来たって思いました(笑)」と本音を吐露する。それでも「普通、(作品PRに)僕が呼ばれるわけないじゃないですか。最初は作品を汚してしまうから断ろうとも思ったんですが、好感度を気にせず呼んでいただいたっていうのが本当に感謝。僕ですよ? (最初は)ウソかと思いました。感動です」と興奮気味に語っていた。

「セッション」のデイミアン・チャゼルが監督を務めた「ラ・ラ・ランド」は「第89回アカデミー賞」にて監督賞、主演女優賞、作曲賞など最多6部門を受賞した話題作。Blu-ray / DVDは本日リリースされ、同時にデジタル配信も開始された。なおフルオーケストラの生演奏とともに映画を楽しめるシネマコンサートが9月から10月にかけて開催される。

(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

最終更新:8/2(水) 14:36
お笑いナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ