ここから本文です

【レパードS】エピカリス 圧巻の4馬身先着「これまでのレース前と変わりない状態」

8/2(水) 20:40配信

東スポWeb

【レパードS(日曜=6日、新潟ダート1800メートル)注目馬2日最終追い切り:美浦】米ベルモントSは無念の出走取り消し(右前肢跛行)となったエピカリス(写真右)が、幸い大事には至らず、帰国後はここに目標を切り替えて調整。萩原調教師は「馬体を緩めずに調整して、いい状態を保てていると思います」と不安なしを強調する。

 この日は南ウッドで併せ馬。2馬身先行した同厩の古馬500万下を直線入り口であっさりかわすと、そこからさらにゴーサイン。一完歩ごとに差を広げ、最終的には4馬身突き放す圧巻のフィニッシュ(5ハロン66・9―38・7―12・8秒)。“攻め”の仕上げで目の前のタイトルを確実に取りにきた。

 萩原調教師「動きは良かったし、時計的にも予定通り。これまでのレース前と変わりない状態です。仕切り直しの一戦。頑張ってほしいですね」

 秋以降に見据える悲願のGI制覇へ向けて、ここは取りこぼせない。

最終更新:8/2(水) 21:21
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ