ここから本文です

広島県産スギ材で作った「折り鶴」 厚さ0.15ミリ板を折り上げ /広島

8/2(水) 19:16配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 原爆ドーム東側の複合ビル「おりづるタワー」(広島市中区大手町1)1階の物販スペースで8月2日、広島県産の天然スギを折り紙のように薄く加工した「折り樹(おりじゅ)」で作った夫婦鶴の展示が始まった。(広島経済新聞)

折り鶴を作る様子

 折り鶴はカップ式自動販売機などの運営管理を行うアペックス(東京都千代田区)が製作した。同社が販売する紙カップの原紙には間伐材を含む国産材を100パーセント使っており、森林育成の啓発の一環として取り組んだ。

 「折り樹」は徳島の企業が天然スギ材を厚さ0.15ミリの薄板に加工し、36センチと30センチ四方の2種類を作った。紙のように折ることができる特長があり、同社環境部の田邉さんは「紙に比べてしなやかで木の香りや木肌の優しさがある」と話す。

 物販スペースの営業時間は9時~20時。問い合わせは物販スペース「SOUVENIR SELECT 人と樹」(TEL 082-569-6801)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク