ここから本文です

西山豊乃ソロユニットGutevolk、7年ぶりアルバムで描くキラキラ美しい世界

8/2(水) 20:04配信

音楽ナタリー

西山豊乃によるソロユニット、Gutevolkが約7年ぶりのニューアルバム「グーテフォルクの声飛行 ~Hello tiny people ! I will catch you~」を本日8月2日にリリースした。

【写真】Gutevolk(他1枚)

西山は1999年に竹村延和主宰のChildiscからアルバム1枚、ミニアルバム1枚を発表し、2002年に細野晴臣主宰のdaisyworld discsよりGutevolk名義での1stアルバムとなる「グーテフォルクは水の中」をリリース。2010年に発表したアルバム「太陽のシャンデリア」の収録曲が児玉裕一監督の手がけるショートムービー「Tabio Slide Show」で使用され、2013年には松山ケンイチ主演舞台「遠い夏のゴッホ」の劇判制作を担当した。

今回のアルバムは、キラキラとした電子音とさまざまな楽器が折り重なったポップソング集。フランス語、日本語、オノマトペによる歌で、美しくユニークな世界観を表現している。

なおGutevolkは、9月2、3日に兵庫・御影公会堂で行われる音楽イベント「港町ポリフォニー2017」の2日の公演に出演することが決定している。

Gutevolk「グーテフォルクの声飛行 ~Hello tiny people ! I will catch you~」収録曲
01. 声飛行
02. Dring Dring!
03. Rainbow rainbow
04. Over The Moon
05. Galop
06. Betises(1つめのeはサーカムフレックス付き)
07. Light Shadow Flower People
08. Dreamer
09. Meteorite(eはアキュートアクセント付き)
10. Je m'en fiche
11. Pardon pardon
12. Luv luv luv

最終更新:8/2(水) 20:04
音楽ナタリー