ここから本文です

木下優樹菜、フジモンは「ケンカしても泣かなくなった」

8/2(水) 15:38配信

スポーツ報知

 タレントの木下優樹菜(29)が2日、都内で「8月3日『はちみつの日』#プーさんといっしょキャンペーン」PRイベントに出席。夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(46)について、「最近はケンカしても泣かなくなった」と明かした。

【写真】フジモン、円満な夫婦生活には「チューが一番」

 ディズニーファンを公言している木下は、肩を大胆に露出した黄色のシャツ姿。「リップとネイルを赤にして、プーさんの配色にしてみました」とあいさつ。2年前に次女(1)を出産し、2児の母となった今も“プーさん”グッズは、欠かせないようで「居て当たり前のような存在。長女を出産した時も、プーさんの蜂蜜使っていた」。

 プーさんのぬいぐるみを見ながら「フォルムと顔、声としゃべり方に癒やされる」とうっとり。「プーさん大好きな方には申し訳ないけど、ローラちゃんに『ぷーさんがフジモンみたい』と言われていたみたい。私も、つぶらな瞳とかプーさんみたいと思っていた」と恥ずかしそうに明かした。

 1か月前に家族4人でディズニーランドに行ったことを明かし、仲の良さをアピールしたが、「(藤本は)うるさい。特にパレードになると、子供そっちのけで自分が投げキッスを返してほしいと、ミニーちゃんに向けて頑張って投げキッスしてる。一番はしゃいでる。楽しいけど、もうそろそろ年を考えてほしい」と笑いながらクレーム。

 2010年の結婚当初から、「7年間で100億回ケンカした」という夫婦の関係に変化も。「(藤本が)最近は反抗しなくなった。(ケンカになる前に)謝ってしまえばいいという技を身につけた」。かつては「解決法が分からず、『オレの気持ちが伝わらない』と泣いていた」と振り返った。「(現在の方が)うまくいくんですよ。タクシーの運転手も言ってた」と納得顔だった。

最終更新:8/2(水) 19:20
スポーツ報知