ここから本文です

NMB山本彩 突然泣き出しスピーチがストップ…総選挙辞退めぐり

8/2(水) 21:36配信

デイリースポーツ

 NMB48・山本彩(24)の「生誕祭」公演が2日、大阪・NMB48劇場で行われた。「ピッチピチの24歳!」と会場を盛り上げ、スピーチではこの1年を振り返った。6月のAKB48選抜総選挙を辞退したことに触れた際には、涙ぐみ、スピーチが中断する場面もあった。

【写真】さや姉“全身TORACO”で甲子園ノーバン始球式

 山本は昨年末のNHK紅白歌合戦の企画で行われたAKB48グループの選挙で1位に輝いたことを「辛いことも吹っ飛んで幸せで上書きされました。一生忘れられない瞬間だと思います」と感謝。一方で、今年の総選挙を辞退したことを、悩み抜いた末の決断だったと明かし「総選挙という形にとらわれず、自分が思う道で勝負したい、楽曲作りにも取り組みたいと決断しました」と語った。

 ただその決断に対して「背中を押していただけるような声だけでなく、皆さんをがっかりさせてしまったような声も…あって…」と話すと涙声になり、顔を両手で覆ってスピーチがストップする一幕も。

 仕切り直した山本は「何かを手に入れるために、何かを手放すことになりますが、皆さんを第1に、私と皆さんが笑顔になれる選択を優先しますので、安心して見守ってください」と笑顔で呼びかけ、喝采を浴びていた。

 途中で涙を流した山本のスピーチにメンバーから「いつ『卒業』が来るんだという空気でしたよ」と突っ込まれていた。