ここから本文です

山梨学院・石井、聖地初マウンドに「気持ち高まった」…甲子園練習

8/2(水) 17:53配信

スポーツ報知

 第99回全国高校野球選手権(7日開幕・甲子園)に2年連続7度目の出場を決めた山梨学院(山梨)が2日、甲子園練習を行った。

 登録18選手中、昨夏も出場したメンバーは栗尾勇摩主将(3年)ら7人。ナインはシートノックを中心に行い、1年ぶりのグラウンドの感触を確かめた。

 背番号10の横手投げ右腕・石井友樹(3年)は初めてのメンバー入り。「昨夏スタンドから見た風景とは全然違う。これが甲子園なんだと気持ちが高まった」と笑顔を見せた。県大会では最速140キロの直球と内外に投げ分けるスライダーを武器に5試合中4試合に登板。防御率1・69はエース左腕・吉松塁(3年)を上回りチームトップの成績を残しており、聖地での活躍にも期待が高まる。石井は「甲子園のマウンドは思っていたより投げやすかった。どんな相手でも厳しい戦いになると思うので、バント処理など基本を丁寧にミスのない投球をしたい」と気持ちを高めた。

最終更新:8/2(水) 17:53
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 20:30