ここから本文です

【高校総体】福岡大大濠、3年ぶり4度目V!片峯コーチ「福島の方々のおかげ」

8/2(水) 22:16配信

スポーツ報知

◆南東北総体男子バスケットボール▽決勝 福岡大大濠61―60明成(2日、福島・あづま総合体育館)

 福岡大大濠(福岡)が、明成(宮城)に逆転勝ちし、3年ぶり4度目の優勝を飾った。

 試合開始から0―11と先行されたが、粘り強く反撃。第3クオーター(Q)で49―47と逆転に成功した。最終第4Q残り2秒で1点差まで迫られたが、逃げ切った。

 中崎圭斗(3年)が両チーム最多20得点の活躍。チーム最長身200センチの井上宗一郎(3年)は、明成の196センチのエース・八村阿蓮(3年)らを厳しくマークした。

 片峯聡太コーチは「選手たちの練習のたまもの」と目を細めた。開催地の福島に対しても「選手たちには『大濠のプライドにかけて、勝ちにいこう』、『3・11に被害に遭われた方々に、勇気や感動を与えられるゲームをしよう』と言って送り出した。福島の方々のおかげで優勝することができました」と、感謝していた。

最終更新:8/2(水) 22:16
スポーツ報知