ここから本文です

松竹新喜劇9月公演 藤山寛美さん代表作の新バージョン「新・親バカ子バカ」など上演 

8/3(木) 7:04配信

スポーツ報知

 松竹新喜劇新秋公演(9月7~24日、東京・新橋演舞場)の製作発表が2日、都内で行われた。演目は昼の部「新・親バカ子バカ」「帰って来た男」、夜の部「鼓(つづみ)」「お染風邪久松留守」の計4作。

 「新―」は、かつてテレビで人気を呼び、舞台版は喜劇王・藤山寛美さんの代表作で有名な「親バカ子バカ」を、劇団代表の渋谷天外(62)が一新。社長(天外)と息子(藤山扇治郎)の関係はそのままに、息子は戦隊ヒーローオタクという設定になる。天外は「5月の巡業で上演して評判も良かったので、より磨きをかけてお見せしたい」と自信をのぞかせた。

最終更新:8/3(木) 7:04
スポーツ報知