ここから本文です

8月2日、東北・北陸地方で梅雨明け発表

8/2(水) 11:19配信

ウェザーニュース

 本日8月2日(水)、気象台から東北・北陸の梅雨明けが発表されました。

 東北・北陸ともに今年の梅雨入りは6月21日。

 北陸の梅雨明けは平年より9日遅く、昨年より14日遅い梅雨明けに。

 東北南部の梅雨明けは平年より8日遅く、昨年より4日遅い梅雨明けに。

 東北北部の梅雨明けは平年より5日遅く、昨年より4日遅い梅雨明けに。


【各地の梅雨の振り返り】
《北陸》
 福井県は平年並み、石川富山新潟は軒並み平年以上でした。また、雨の降る日と降らない日が極端な梅雨に。7月初めの前線と台風3号や7月24日から25日の前線の影響でまとまった雨に。特に24日~25日は梅雨末期の大雨となりました。

▼梅雨入り~昨日8/1までの雨量の平年比
・福井県91%
・石川県124%
・富山県142%
・新潟県157%

《東北南部》
 平年並みかそれ以上。特に日本海側ほど多く太平洋側ほど少ない傾向に。また、雨の降る日と降らない日が極端な梅雨で梅雨前線や低気圧の影響で1週間か10日の周期でまとまった雨となりました。

▼梅雨入り~昨日8/1までの雨量の平年比
・福島県112%
・山形県125%
・宮城県84%

《東北北部》
 各県とも平年以上。ただし、エリアによって雨量の差が大きく、雨の降る日と降らない日が極端な梅雨に。梅雨前線や低気圧(寒冷渦)の影響で1週間か10日の周期でまとまった雨となりました。

▼梅雨入り~昨日8/1までの雨量の平年比
・岩手県116%
・秋田県107%
・青森県102%


【今後の天気】
 仙台など東北南部の太平洋側では3日(木)以降、雲が多くスッキリしない空。その他のエリアでは週末にかけて日差しが届くところが多くなりそうです。また、北陸では6日(日)~7日(月)は猛暑日に。熱中症に警戒が必要です。

ウェザーニュース