ここから本文です

【台風5号映像】渦巻く目が伝える、今の状況

8/2(水) 19:50配信

ウェザーニュース

ウェザーニュース

南の海上を進む台風5号の最新の様子をひまわり8号の高精細の映像でみてみます。

これだけアップの映像で見ると渦巻く様子がかなりクッキリとわかります。

特に台風のいまの状態を示しているのが「目」だとウェザーニュースの予報士が言います。

「台風の目の形が円形でしっかりとしてくるのは、(経験から)中心付近の最大風速が40m/s以上の時が多い。最大風測45m/s、50m/sになると、円形はほぼ崩れることなく、近くでみた時の浮き出るような立体感が出てくる。」

「今回の台風は、目の綺麗な円形から見ても最大風速50m/sぐらいであることが分かる。」

「そして、目がさらにクッキリしてくると、最大風速55m-60m/s、中心気圧も930hPa前後となると推測できる。」

まだこれから発達の可能性がある台風5号。

心配されるのは進路だけでなく、その勢力も被害に大きく影響してくるため、気象予報士は”目”の状況から勢力を解析しています。

ウェザーニュース