ここから本文です

Li-sa-X、“ギャップ”で魅せた初単独公演

8/2(水) 14:21配信

BARKS

Li-sa-Xの自身初となる単独公演が、7月30日(日)、東京・原宿アストロホールにて開催された。

◆7月30日(日)公演画像、動画

8歳の時に投稿した超絶技巧のプレイ動画が世界中で話題を呼び、2017年3月にはリーダー作品『セレンディピティ』で12歳にして全世界119カ国デビューを果たしたLi-sa-X。“天才ギター少女”“スーパー中学生”などと称され大きな注目を浴びる中、ついに単独公演の実現となった。

この日のステージはオリジナル曲「セレンディピティ」に始まり、デビューのきっかけとなった師匠ポール・ギルバートのバンド、レーサーXの「スカリファイド」や、ヴァン・ヘイレン「暗闇の爆撃」、ドリーム・シアター「ダンス・オブ・エタニティ―」など世界に名だたる超高速ギタリストのナンバーを次から次へとカヴァー。涼しい表情に時折はにかんだ笑顔を見せながら、わずか12歳の少女とは思えないほどの正確無比なプレイで会場に詰めかけたギターキッズたちを圧倒した。

一方、パフォーマンスの合間に挟まれるMCでは未だ幼さの残るあどけなさやたどたどしさを垣間見せ、「良くは知らないんですけど、ヴァン・ヘイレンさんて人の曲です」といった曲紹介でオーディエンスを和ませる一幕も。超絶テクとのギャップで改めて12歳という年齢を意識させるとともに、彼女のフレッシュな魅力を感じさせる瞬間となった。

ライブ後半、Polyphiaのカヴァー「CRUSH」ではLi-sa-Xの弟・KAZUMAも登場し、姉弟でのデュエット・ギターを披露。Li-sa-Xオリジナル・アレンジで初披露されたモーツァルト・メドレーも一瞬たりとも息をつかせぬ壮大な展開で、ギター三昧の1時間のステージは熱狂のうちに幕を閉じた。

Photos by Yoshika Horita

■7月30日(日) 原宿アストロホール公演 セットリスト
01. Serendipity / Li-sa-Xオリジナル
02. Scarified / RACER Xのカヴァー
03. Gray Stone Gateway / Kiko Loureiroのカヴァー
04. Eruption / Van Halenのカヴァー
05. Lost Not Forgotten / Dream Theaterのカヴァー
06. Rhode Island Shred / Guthrie Govanのカヴァー
07. The Dance Of Eternity / Dream Theaterのカヴァー
08. モーツァルト・メドレー / Li-sa-Xオリジナル・アレンジ
09. Crush / Polyphiaのカヴァー
10. Yankee Doodle(アルプス一万尺) / Li-sa-Xオリジナル・アレンジ
11. CHA-LA HEAD-CHA-LA / ドラゴンボールZオープニング・テーマ カヴァー

最終更新:8/2(水) 14:21
BARKS