ここから本文です

秘伝の味で40年 カレーなるイノシシの誘惑だブー/秋田

8/2(水) 11:39配信

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビ

40年営業している「カレーハウスブー」(秋田市下新城)は、カレーを食べる豚の看板が印象的です。

名物の「猪カレー」を一度食べてみたかったので注文しました。普通盛りで頼んだはずなのに、かなり大盛りです!300グラムのライスに、700グラムのルーがこぼれんばかりの量です!20年以上前から角館町(かくのだてまち)より仕入れているイノシシ肉は豚バラ肉より濃厚で、なかなか味わえない美味しさでした。

ようやく完食し、気になっていたこの「ブー」という名前の由来を聞いてみました。「いい名前がないか色々調べてみたけれど、なかなか見つからなかった。プロレスラーにアブドーラ・ザ・ブッチャーという当時人気のレスラーがいてそこから命名した」(カレーハウスブー/杉山正孝さん)

なんと!豚のブーではなくてブッチャーのブーだったのです!

ちなみにカレーの後にサービスで「サザエの醤油煮」をいただきました!杉山さんいわく「作ってあったから」。本当に美味しかったです!

40年も愛され続けている老舗、カレーハウスブー。杉山さんの優しさと思いやりが溶け込んだ美味しいカレーでした。

CNA秋田ケーブルテレビ