ここから本文です

「させぼ観光大使」決定 馬渡彩加さん、大川美奈子さん シーフェスでお披露目へ

8/2(水) 10:35配信

長崎新聞

 長崎県佐世保市の魅力を発信する第4期「させぼ観光大使」に、親和銀行卸本町支店の大川美奈子さん(23)と、県立大経営学部2年の馬渡彩加さん(20)に決まった。任期は2年間。6日に開かれるシーサイドフェスティバルのメイン会場(JR佐世保駅みなと口広場)でお披露目される。

 佐世保商工会議所と長崎新聞社、佐世保観光コンベンション協会でつくる「させぼ観光大使選彰委員会」が企画。男女26人の応募があり、面接審査で選考した。

 2人とも佐世保市出身で、市内在住。九十九島がお気に入りの場所という大川さんは「にぎやかな市街地と豊かな自然があり、若者もお年寄りも良さを感じられる。親しまれる大使になりたい」と語った。

 馬渡さんは、地元の役に立ちたいと応募。活動を通して自分の成長にもつなげたいといい「一番の魅力は自然がたくさんあること。もっと勉強して、外国でも佐世保のことを紹介してみたい」と話した。

 2人は1日、市役所に朝長則男市長を訪ね、決意表明。朝長市長は「ぜひとも力添えをいただき、暑い日も寒い日も活躍してもらいたい」と激励した。

長崎新聞社

最終更新:8/2(水) 10:35
長崎新聞