ここから本文です

ヒアリ被害の男性「治療を受けられるまで5時間近くかかった」

8/2(水) 18:00配信

BuzzFeed Japan

今年6月に兵庫県尼崎市で初めて確認されて以来、全国各地で相次いで見つかっている強い毒性を持つ外来種の「ヒアリ」。国内で初めてヒアリに刺される被害にあった福岡市の男性(33)が8月2日、BuzzFeed Newsの取材に、刺されたときの痛みや状況を語った。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】

「ジガアッってガスガンで打たれたような痛み」

男性がヒアリに刺されたのは7月27日。3年前から派遣社員として月に1、2回ほどコンテナの荷下ろし作業に携わっており、この日もたまたま馴染みの会社に声をかけられた。

午前10時ごろ、福岡市博多区内の事業所に出勤。7月24日に中国から博多港に陸揚げされたコンテナから荷物を運び出し始めたところ、段ボールを持ち上げた左腕に激しい痛みを感じた。

「刺された瞬間、ジガアッ、ジガアッ、ジガアッってガスガンで打たれたような痛みが走って、危うく荷物を落としそうになりました。クラゲに刺されたときみたいに連続して痛みがあったんですが、想像していたような我慢できないほどの激痛というわけではなかったです」

「それで腕を見てみたら、手首からひじにかけて小さいアリが10匹くらいいて。すぐに振り払ったんですけど、黒いアリじゃなくて赤茶っぽい色をしていたので、『これヒアリだったらどうしようね』という話になり。すぐに派遣先の人に報告しました」

「ヒアリだってわかったときは『死ぬかもしれない』と思った」

作業は一旦中断され、アリが見つかったコンテナも封鎖。連絡を受けた保健所の職員がアリの死骸を回収し専門家に確認を求めたところ、2時間ほど経ってからヒアリだと確認された。

その間、男性は痛みを感じてはいたものの、傷が腫れたり熱を持ったりしていなかったため、病院には行っていなかった。

「自分が大丈夫ですって言っていたのもあると思うんですけど、ヒアリだと確認されてはじめて『じゃあ病院行く?』となって。専門家の方に『一番危ないアナフィラキシー症状(重度のアレルギー反応)が出るのは刺されてから30分~1時間程度だから、現時点で大丈夫だったら心配ないと思う』とは言われたんですが、ヒアリが『殺人アリ』と呼ばれているのを見ていたので、やばい、死ぬかもしれないと思って。その時はものすごく怖くなりましたね」

1/2ページ

最終更新:8/2(水) 20:45
BuzzFeed Japan