ここから本文です

People In The Box『Cut Five』先行上映会&トークショー内容をライブレポ引用と共に紹介

8/2(水) 13:00配信

Billboard Japan

 2017年8月2日、People In The BoxのLIVE DVD『Cut Five』がリリースとなった。この『Cut』シリーズは、2012年リリースのミニアルバム『Citizen Soul』初回限定盤に収録されたライブ映像「Cut One」から始まり、今回の『Cut Five』が単体DVDとしては4作目。今年1月27日にめぐろパーシモンホールで開催された【空から降ってくる vol.9 劇場編】を収録したもので、アコースティック編成の第一部とバンド編成の第二部構成の全演奏曲に加え、当日上映された映像「ダイゴマンが行く! ~空から蕎麦から降ってくる~」が収録されている。

『Cut Five』先行上映会&トークショー写真(全14枚)

 リリースに先駆け、7月31日には渋谷・ユーロライブで先行上映会&トークショーを実施。初の単体DVD『Cut Two』のオーディオコメンタリーCDでは「これを聴く人はなにが面白くて聴くんだろう?」「まあたぶん、脳みそが壊れているんでしょうね(笑)」と冗談交じりに話していた彼ら。今回も波多野裕文(vo,g)は「“トークショー”ってなっててぞっとしたんですよ」と笑っていたが、抽選で参加権を手にした“脳みそが壊れている”ファンの前で本作の見所やライブの裏側を語ってみせた。なお、ここではBillboard JAPANに掲載されているライブレポート(http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47016)を引用しながら、その内容を紹介したい。

(ライブレポートより)
 会場が暗転し、ステージ上に吊るされていたペンダントライト型の照明が暖かな光を発すると、波多野裕文が制作したというSEと共にメンバーが登場。ステージ向って左側の波多野裕文は愛用の「Nord Electro 3」を含めキーボード2台とアコースティックギター、正面の福井健太(b)はフレットレスベースをメインに珍しい形のアップライトベース、右側の山口大吾(dr)はコンガに加え、ドラムセットにぶら下がっていたニワトリ型のおもちゃも操りながら第一部の全10曲を演奏することとなる。

--------------------

 まず『Cut Five』の特徴としては、非常に映画的であるということが挙げられるだろう。フィルム映画のような映像の質感もさることながら、波多野が「演奏もどんどん柔らかくなって。ライブ一本まるっと入ってるのって、そういうのが分かるからいいですよね」と語った通り、最初から最後まで滞りなく流れを追うことが出来る。それほど動きのないバンドのライブは長い映像になると間延びしがちだが、多数のカメラで撮影された映像が細かくエディットされているため、画面にも飽きがこない。アコースティック編成ならではの機材に加え、波多野と福井の指使いや山口の手さばきなど、メンバーのテクニカルな部分もしっかり収められている。

1/3ページ

最終更新:8/2(水) 13:08
Billboard Japan