ここから本文です

パの7月は“3強3弱” ホークス・サファテは圧巻の月間11セーブ

8/2(水) 7:20配信

Full-Count

ソフトバンク、西武、楽天の3球団が勝率6割以上

 プロ野球も7月の戦いが終わり、いよいよ終盤戦に突入していく。6か月のシーズンのうち4か月が終了。そろそろ今季の大勢が判明しつつある。

各球団発表、2016~2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

【パ・リーグ7月の成績】

ソフトバンク 勝率.750(20試合15勝5敗0分)
西武     勝率.696(23試合16勝7敗0分)
楽天     勝率.650(20試合13勝7敗0分)
オリックス  勝率.381(21試合 8勝13敗0分)
ロッテ    勝率.350(20試合7勝13敗0分)
日本ハム   勝率.182(22試合 4勝18敗0分)

 ソフトバンク、西武、楽天の3球団が勝率6割以上、残る3球団が3割台以下と“3強3弱”がはっきりしている。

【打者5傑】

○安打
1秋山翔吾(西)33
2浅村栄斗(西)30
3銀次(楽)28
4西川遥輝(日)26
5金子侑司(西)24

○本塁打
1中村剛也(西)9
2ウィーラー(楽)8
2アマダー(楽)8
4レアード(日)7
5ロメロ(オ)5

○打点
1秋山翔吾(西)19
2中村剛也(西)18
3浅村栄斗(西)17
3ウィーラー(楽)17
5アマダー(楽)15

○盗塁
1源田壮亮(西)8
2金子侑司(西)7
3西川遥輝(日)6
4岡大海(日)5
5外崎修汰(西)3
5田中賢介(日)3

○打率(規定打席以上)
1柳田悠岐(ソ).393
2ペゲーロ(楽).386
3銀次(楽).364
4秋山翔吾(西).351
5浅村栄斗(西).337

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1秋山翔吾(西)20.83
2柳田悠岐(ソ)19.88
3浅村栄斗(西)18.39
4ウィーラー(楽)17.38
5金子侑司(西)16.28

 西武・秋山は最多安打、最多打点、RC1位、中村剛也はトップの9本塁打を放った。またソフトバンクの柳田悠岐は首位打者となっている。

1/2ページ

最終更新:8/2(水) 7:20
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 11:25