ここから本文です

JAXA、「晴天乱気流」の事故半減狙う検知システムの飛行試験を実施へ

8/2(水) 20:30配信

sorae.jp

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は8月2日、FedEx社の大型貨物機(ボーイング777型機)を利用し、晴天乱気流検知システムの実験を2018年に行なうと発表しました。
 
晴天乱気流検知システムとは、乱気流を約70秒前に検知することで乗員にシートベルト着用の注意を促し、負傷者を6割以上減らせると期待されている技術。JAXAは乱気流事故防止機体技術の実証(SafeAvio)プロジェクトとして、わずか83.7kgで17.5kmの乱気流検知能力をもつシステムの開発と実証に成功しています。
 
そして今回、JAXAはボーイングの「エコデモンストレーター・プログラム」を利用し、実際の航空機での飛行試験を行います。またこの実験での評価を経て、JAXAは装置の標準化を狙うとしています。
 
悪天候の際に遭遇する乱気流は多くの人にとって嫌な経験ですが、さらに晴天の中で襲ってくる乱気流では、用心をしていなかったために怪我をしてしまうケースも多そうです。JAXAの晴天乱気流検知システムが実用化し、いずれ多くの旅客機に搭載される未来がくると、より空の旅が快適になるかもしれません。

最終更新:8/2(水) 20:30
sorae.jp