ここから本文です

錦織は第8シード、ロジャーズ・カップのシード順発表<男子テニス>

8/2(水) 11:05配信

tennis365.net

ロジャーズ・カップ

7日に開幕する男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は7月31日に公式サイトで、シングルスのシード順を発表した。

【錦織らシティOP対戦表】

第1シード:A・マレー(英国)
第2シード:R・ナダル(スペイン)
第3シード:R・フェデラー(スイス)
第4シード:S・ワウリンカ(スイス)
第5シード:M・チリッチ(クロアチア)
第6シード:D・ティーム(オーストリア)
第7シード:A・ズベレフ(ドイツ)
第8シード:錦織圭
第9シード:M・ラオニッチ(カナダ)
第10シード:G・ディミトロフ(ブルガリア)
第11シード:JW・ツォンガ(フランス)
第12シード:D・ゴファン(ベルギー)
第13シード:T・ベルディヒ(チェコ共和国)
第14シード:P・カレノ=ブスタ(スペイン)
第15シード:R・バウティスタ=アグ(スペイン)
第16シード:L・プイユ(フランス)

トロントで開催された昨年のロジャーズ・カップは、N・ジョコビッチ(セルビア)が決勝で錦織を下して優勝を果たした。そのジョコビッチは右肘の負傷により2017年の残り全大会を欠場すると発表している。

tennis365.net

最終更新:8/2(水) 11:08
tennis365.net