ここから本文です

JVC、重低音&タフがコンセプトのBluetoothイヤホン2モデル発売

8/2(水) 17:34配信

Stereo Sound ONLINE

ネックバンド式で14時間の連続再生に対応

 JVCケンウッドから、JVCブランドのBluetoothイヤホン「HA-FX33XBT」と「HA-FX11XBT」が8月上旬より発売される。価格はオープンで、想定市場価格はHA-FX33XBTが1万円前後、HA-FX11XBTは8000円前後となる。

HA-FX11XBTの画像も見る

 両モデルとも、JVCの重低音&タフをコンセプトにしたヘッドホン/イヤホンXX(XTREME XPLOSIVES)シリーズのワイヤレス(Bluetooth)モデル。ネックバンドスタイルを採用することで、装着性を高めたのに加え、大容量バッテリーの搭載が可能となり、最長約14時間の連続再生が行なえる。また、XXシリーズらしく低音を増強するバスブースト回路も内蔵されている。

 HA-FX33XBT、HA-FX11XBTとも、衝撃に強いエラストマー素材のラバープロテクターをハウジングに採用。10mm径のダイナミック型ドライバーを搭載し、BluetoothのコーデックはSBCに対応、再生周波数帯域は20Hz~20kHzとなっている。また、ハンズフリー通話や再生/一時停止などのリモート操作を行なえる点も共通だ。

 違いは上位のHA-FX33XBTが、ハウジングにメタルを採用していることと、ドライバーにカーボン振動板を採用していることとなる。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:8/2(水) 17:34
Stereo Sound ONLINE