ここから本文です

【速報】錦織 大苦戦も深夜の戦い制してシティOP初戦突破<男子テニス>

8/2(水) 14:52配信

tennis365.net

シティ・オープン

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は1日、シングルス2回戦が行われ、第2シードの錦織圭が世界ランク58位のD・ヤング(アメリカ)に大苦戦を強いられるも6-3, 4-6, 7-6 (7-5)のフルセットで破り、辛くも初戦突破を果たした。

【錦織らシティOP対戦表】

今大会はシード勢が1回戦免除のため、この日が初戦だった錦織は序盤から得意のストローク戦やパッシングショットなどでヤングを圧倒し、第1セットを先取。

第2セットは2度のブレークを許してセットカウント1-1に追いつかれたが、ファイナルセットに入ると息を吹き返した錦織がヤングからミスを誘い出してタイブレークを制し、勝利を手にした。試合終了の時刻は、現地2日の深夜1時50分が過ぎていた。

3回戦では、第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。デル=ポトロは2回戦で世界ランク119位のL・ラコ(スロバキア)をストレートで破っての勝ち上がり。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、準々決勝で第7シードのL・プイユ(フランス)か第11シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)、準決勝で第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)か第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する組み合わせ。

今年、錦織はブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)とアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、 ATP250)で決勝進出を果たすも優勝に手が届いていない。今大会で今シーズン初のタイトル獲得、シティ・オープンでは2015年以来2年ぶり2度目の優勝を狙う。

tennis365.net

最終更新:8/2(水) 14:52
tennis365.net