ここから本文です

露天風呂から絶景の氷瀑 奥入瀬渓流ホテル10年ぶり冬季営業へ/星野リゾート

8/2(水) 12:11配信

デーリー東北新聞社

 青森県十和田市奥瀬の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」(宮越俊輔総支配人)は1日、10年ぶりに実施する冬季営業の宿泊客向けのプランを発表した。12月16日からの開始で、館内の露天風呂で氷瀑(ひょうばく)を眺められるようにし、冬の奥入瀬の自然を満喫できるツアーも企画する。

 同ホテルは11月26日にいったん休業し、周辺の除雪などの準備を終えた後で冬季営業を開始。露天風呂では壁に霧状の水を吹き付けて凍らせ、人工の氷瀑をつくり上げる計画だ。

 12月23日からは銚子大滝の氷瀑を楽しめるツアーを開催。スノーシューを履いて間近まで行き、ネイチャーガイドの解説を聞きながら、迫力ある風景を楽しめる。

 このほか、奥入瀬渓流の雪景色や、夜の氷瀑のライトアップを見学するツアーも行う。いずれも無料(宿泊者限定)で、ホテルからシャトルバスを運行する。

 問い合わせは、星野リゾート予約センター=電話0570(073)022=へ。

デーリー東北新聞社