ここから本文です

【ブラジル】自工会、生産・輸出見通し上方修正 上半期の結果受けて

8/2(水) 4:27配信

サンパウロ新聞

 全国自動車工業会(Anfavea、自工会)によると、2017年6月のブラジルの自動車生産台数は、乗用車とピックアップトラックなどの軽商用車、トラック、バスを合わせて前年同月を15.1%上回る21万2200台に上った。ただし、前の月との比較では15.4%落ち込んだ。これにより17年1~6月累計の生産台数は16年同時期を23.3%上回る126万3000台となった。自工会発表として伯メディアが6日付で伝えた。

 国内の新車市場が長らく低迷を続ける中で輸出が生産を引っ張ってきた。6月の輸出台数は前年同月比40.9%増と大きく伸び、6万6000台に達した。1~6月累計の輸出台数は前年同期比57.2%増の37万2500台に達した。

 上半期の6カ月間の結果を受けて、自工会は17年通年の生産台数、輸出台数の見通しをいずれも上方修正した。生産台数の予想はこれまでの前年比11.9%増から同21.5%増の261万9000台に、輸出台数の予想は前年比7.2%増から同35.6%増の70万5000台に、それぞれ引き上げられた。

サンパウロ新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ