ここから本文です

【ブラジル】医療保険の加入者減少 歯科保険は逆に増加

8/2(水) 4:28配信

サンパウロ新聞

 ブラジル全国の医療保険加入者数は2017年上半期(1~6月)に、27万1200件の契約解除によって16年12月末時点に比べて0.6%減少した。今年6月までの12カ月間では83万4600件の契約解除によって1.7%減少した。補助保健研究機関(IESS)まとめとして伯メディアが19日付で伝えた。

 医療保険契約全体が減少する中で、歯科保険はその逆の動きを見せた。今年1~6月には新たに85万100件の歯科保険契約が結ばれ、歯科保険加入者は16年12月末時点に対して3.9%増加した。17年6月までの12カ月間では歯科保険の加入者数は7.5%(160万人)増加、その総数は、医療保険加入者全体(4740万人)の半数に迫る2270万人に達した。

 歯科保険の動きについて、同機関のルイス・アウグスト・カルネイロ代表は声明の中で「平均所得の減少にもかかわらず各世帯は歯科医療サービスへより簡単にアクセスしている。そして企業各社は不況の中で、従業員らに提供するより手頃な価格の福利厚生として排外的に歯科保険を見ている」と説明している。

サンパウロ新聞