ここから本文です

2012年準優勝のバンダウェイが2回戦へ [スタンフォード/女子テニス]

8/2(水) 21:00配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・スタンフォードで開催されている「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック」(WTAプレミア/7月31日~8月6日/賞金総額77万6000ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、第6シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)が、わずか31分のプレーののちに2回戦進出を決めた。

大坂なおみは2年連続初戦敗退、18歳のドルハイドがWTAツアーのデビュー戦で金星 [バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック]

 2012年準優勝者のバンダウェイが第1セットを6-2で取ったあと、アイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)が故障のため、第2セット開始時に棄権したのだ。

「今日は棄権となって残念だったけれど、私は第1セットを取ったところまで、いいプレーをしていたと思うわ」とバンダウェイは言った。「大切なのは、夏のハードコートの連戦で私がやりたいと思っているプレーを上達させていくこと。これは、私が大好きな期間なのだから」。

 この日プレーしたアメリカ人のうち、4人が勝ち、1人が敗れた。第8シードのキャサリン・ベリス(アメリカ)は、アリゼ・コルネ(フランス)に対する6-3 6-2の勝利の過程で、一度もリードを奪われることはなかった。予選を勝ち上がった18歳、キャロライン・ドラハイド(アメリカ)は、日本の大坂なおみ(日清食品)を6-4 6-2で下し、2回戦で第3シードのマディソン・キーズ(アメリカ)に挑戦する権利を手に入れた。2016年準決勝進出者のアリソン・リスク(アメリカ)は、マグダ・リネッテ(ポーランド)を6-2 6-4で下した。リスクは2回戦で、第4シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦する。

 唯一敗れたアメリカ人は、112位のクリスティ・アーン(アメリカ)で、アーンはベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)に6-2 5-7 1-6で逆転負けした。

 今大会の第1シードはガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、第2シードはペトラ・クビトバ(チェコ)で、いずれも2回戦が初戦となる。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: STANFORD, CA - AUGUST 01: CoCo Vandeweghe is interviewed following a win against Ajla Tomlljanovic after Tomlljanovic retired injured during day 2 of the Bank of the West Classic at Stanford University Taube Family Tennis Stadium on August 1, 2017 in Stanford, California. (Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images)

最終更新:8/2(水) 21:00
THE TENNIS DAILY