ここから本文です

オバメヤンがいればバイエルンに挑戦できる 名将も確信「彼はチームの20%を構成する存在」

8/2(水) 18:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ドルトムントにも優勝のチャンスはあるか

2016-17シーズンはライプツィヒのサプライズもあってドルトムントはリーグ戦で3位だったが、それでもドルトムントが王者バイエルンからブンデスリーガのタイトルを奪えるチームの筆頭候補なのは間違いない。ドルトムントの頑張りによってブンデスリーガの盛り上がりも変わってくるだろう。

関根貴大は世界で戦える逸材か

中でもカギを握るのがFWピエール・エメリク・オバメヤンだ。オバメヤンは2016-17シーズンのリーグ戦得点王で、オバメヤンの働きでドルトムントの全てが決まってくる。『EuroSport』によると、かつてドルトムントを指揮した経験を持つオットマー・ヒッツフェルト氏もオバメヤンをキープレイヤーに挙げており、その能力を絶賛している。

「オバメヤンはドルトムントにとって最も重要な選手だ。他の選手は穴埋めできても、オバメヤンは違う。彼はドルトムントの20%を構成する存在だ。トップストライカーで、不可能な状況からチャンスを生み出せる。それにチームメイトに頼るだけでなく自身でもそれが可能だ。もしヴァッケが残留と語ったのなら、それは明らかなサインだね。バイエルンへのチャレンジだよ。ドルトムントはドイツ王者になるためにオバメヤンを残したんだ」

2016-17シーズンのドルトムントはトーマス・トゥヘルの下でやや混乱したところもあり、新指揮官のピーター・ボスにはチームを落ち着かせることが求められる。オバメヤンを最大限に活かし、欠点でもある守備をカバーできればバイエルンに挑戦することもできるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報