ここから本文です

【MLB】前田健太が意地の好投 ド軍監督称賛&うれしい悲鳴「選択をより難しくさせる」

8/2(水) 16:28配信

Full-Count

ダルビッシュ加入でドジャース先発陣の争いは一層激化

 ダルビッシュ有の獲得が大きな注目を浴びたドジャースで前田健太投手が強烈な輝きを放った。トレード成立から1日が経った1日(日本時間2日)、前田は敵地でのブレーブス戦に先発し、7回94球で2安打1四球6奪三振無失点の快投。今季10勝目(4敗)を挙げ、メジャーデビューから2年連続の2桁勝利に到達した。先発ローテ争いが激化する中、強烈にアピール。3-2で勝利し、9連勝をマークしたドジャースのデーブ・ロバーツ監督も「ケンタは傑出していた」と賛辞を贈った。球団公式サイトが伝えている。

衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前田はこの日、初回2死からフリーマンに四球を与えたものの、2回から4回まで3者凡退に打ち取る好投。5回先頭フラワーズに左翼へ初安打を浴びたが、その後も安定した投球を見せ、7回まで無失点に封じた。ダルビッシュの加入に沸くチームにおいて、まさに意地を見せた形。前田が7回以上を投げたのは6月27日のエンゼルス戦以来、今季4度目。また先発試合で無失点でマウンドを降りたのは今季2度目だった。

 試合を速報した球団サイトはロバーツ監督が前田を称賛する様子をレポート。指揮官は「ケンタは傑出していた。最初の1球から最後まで攻めていたね。速球の球速も保ち、色々な球種を交えてひたすらストライクゾーンを攻めた。見ていて楽しかったよ」と高評価を与えた。

球宴以降3戦3勝、防御率1.06と好投続ける前田

 今季開幕直後は不安定な投球で一時は救援を経験した前田。先発ローテを死守できるかどうかの瀬戸際に立たされており、ダルビッシュの加入により、争いは一層激化することになった。ドジャースのブログを掲載する「インサイダー」でも、その熾烈な競争に触れており、指揮官は記事の中で「彼ら(先発投手たち)は組織、球団としての私たちの選択をより難しくさせる。いいことだ。それが求めていること」とうれしい悲鳴を上げている。

 ダルビッシュのドジャースデビューが4日(日本時間5日)の敵地メッツ戦に決まる一方、前田の今後の先発登板は不透明。エース左腕カーショーとマッカーシーは故障中だが、ウッド、ヒル、柳、ステュワートら先発陣がひしめく中で、チャンスが与えられた時にアピールをするしかない。

 勝ち星は今季日本人投手トップの10勝だが、クオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)は17先発のうち4試合と物足りない数字。それでも球宴以降は3試合の先発で17イニングを投げ、3勝、防御率1.06と上々の数字を残している。

 メジャー最高勝率.708を誇るチームにおいて、前田はダルビッシュとともに輝けるか――。後半戦の飛躍が期待される。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/2(水) 16:54
Full-Count

スポーツナビ 野球情報