ここから本文です

中国車の新ブランド、米フォードが阻止の構え

8/2(水) 9:27配信

ウォール・ストリート・ジャーナル

 名称には価値があるか? 大いにあると、米自動車大手フォード・モーターは主張する。特に中国が関係する場合は。

 中国の吉利汽車(ジーリー)が新ブランド「リン&コー(Lynk & Co.)」の商標登録を米国で出願したのに対し、フォードは何としてもこれを阻止したい考えだ。フォードによると「リンカーン(Lincoln)」と発音が酷似しているという。リンカーンは100年の歴史を持つ同社の象徴的な高級車ブランドだ。

 吉利は、スマートフォンや他のガジェットと連携させた若い富裕層向けの一連のハイテク車種に「リン」の呼び名を使う予定だ。

 「リン」は中国語ではスタイルやテクノロジーを意味する。一方、フォードの「リンカーン」ブランドは「コンチネンタル」や「タウンカー」といった大型高級セダンで知られ、米国の比較的高齢の世代に根強い人気がある。

 フォードは世界最大の自動車市場である中国で2019年までにリンカーンの生産開始を目指しており、このブランドを守ることに躍起となっている。

 中国でのリンカーンの販売は月間4000台程度とまだ少ないが、急速に伸びている。最近、中国では米国車の人気が全体的に低下傾向だが、対照的に吉利は勢いが止まらない状況だ。

 恐らく、名称を多少混同されるくらいの方が、実際にはフォード車の中国での売れ行きに有利かもしれない。

By Anjani Trived