ここから本文です

クイズなどで食中毒予防呼び掛け 本厚木駅前

8/2(水) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 厚木を含む周辺自治体の食品関係営業者で組織する厚木地区食品衛生協会(前場敏男会長)と県厚木保健福祉事務所が1日、小田急線本厚木駅前で食中毒予防キャンペーンを実施した。

 7月27日に県内全域に食中毒警報が発令されており、協会員ら約40人が通行人に啓発グッズを渡しながら、食中毒予防クイズとアンケートへの協力を呼び掛けた。クイズは「食中毒の多くは、原因食品を食べてから6時間以内に発症する」(正解は「いいえ」)など食中毒の知識を深める3問。挑戦するとその場で抽選会に参加でき、景品の手指消毒用アルコールや手洗い用のせっけんなどが進呈された。

 キャンペーンは厚木を皮切りに、2日は座間、3日に清川、4日に海老名、7日に愛川と、同協会管内各支部で行われる。