ここから本文です

砺波高生が保育体験 出町認定こども園

8/2(水) 13:30配信

北日本新聞

 砺波高校の生徒14人が2日、砺波市表町の出町認定こども園に出向き、子どもたちと交流しながら保育を体験した。

 生徒たちは2、3歳児計62人を担当。朝の出迎え後は持ち物の整理を手伝い、一緒にままごとや折り紙を楽しんだ。園庭ではプールや砂場で遊んだ。

 保育士の動きを見ながら仕事に理解を深め、「外に出る時はきちんとサンダルが履けているか見てあげて」などとアドバイスを受けることもあった。

 同校は昨年から1年生が授業で保育を体験。今回は1、2年生の希望者が参加し、1日は同市太郎丸のちゅうりっぷ保育園に生徒18人が出向いた。

北日本新聞社

最終更新:8/2(水) 13:30
北日本新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ