ここから本文です

西武、則本攻略で11連勝&楽天と5差 源田が巧打&好走塁、山川は3連発!

8/2(水) 20:42配信

ベースボールキング

○ 西武 7 - 4 楽天 ●
<14回戦 メットライフ>

 西武が23年ぶりの11連勝で4カード連続の勝ち越し。源田、山川ら、期待の若手野手が相手エース・則本を攻略し、楽天とのゲーム差を「5」に縮めた。

 西武は1点を追う3回、2番源田の右前適時打で同点。さらに3番浅村の死球で二死満塁とすると、楽天先発・則本の暴投の間に、三塁走者の金子侑が勝ち越しのホームをイン。さらに二塁走者の源田も、判断よくホームを陥れた。

 3-1の4回には、6番山川が5号ソロを左翼席中段へ運び4点目。山川は6回の第3打席にも則本から6号2ランを放つと、6-4の8回は楽天3番手・久保から7号ソロを左翼席へ運び、3打席連発の大活躍で計4打点をマークした。

 先発の岡本は初回に先制点を許したものの、2回以降はしっかりゲームメイクし5回2失点で無傷の5連勝。6回以降は武隈、シュリッター、牧田、増田とつなぎ、最後を締めた増田は22セーブ目を手にした。

 楽天は則本が踏ん張れず、6回6失点で3敗目(10勝)。与田投手コーチが「ストレートの力はあるが、変化球のコントロールに苦しんでいる。そうするとストレートで抑えようとしてしまうから、ストレートの精度も悪くなってしまう」と試合序盤に指摘したように、この日は最後まで修正できなかった。

BASEBALL KING