ここから本文です

「日頃から防災を意識している」58%、マクロミル調べ

8/2(水) 10:18配信

SUUMOジャーナル

(株)マクロミルは、9月1日の「防災の日」に向け、生活者の防災に関する意識と備えの実態を探るべく、全国の20~60代男女1,000名にインターネット調査を実施した。調査期間は2017年7月24日(月)・25日(火)。
日頃からどの程度「防災」を意識していますか?では、「意識している」は58%(「とても意識している」8%+「やや意識している」50%)で、今年2月の同調査(69%)よりも11ポイント低下した。

また、この1年で大災害への備えの強化を「していない」という人は53%で前回の調査(38%)より15ポイント上昇。備えを「強化した」という人の回答を見ても「日用品・水・食料品などの備蓄」や「ハザードマップの確認」をはじめ、すべての項目で前回の調査よりも減少している。実際の備えの状況は、「備えをしている」8割で、今年2月の同調査の結果から大きな変化は見られなかった。

特に恐れている災害については、断トツだったのは「地震」で91%、次いで「豪雨・洪水」54%と、近年日本国内で大きな被害をもたらした災害が続いている。

ニュース情報元:(株)マクロミル

ニュースSUUMO

最終更新:8/2(水) 10:18
SUUMOジャーナル