ここから本文です

他人の部屋で気になってしまう場所、「トイレ」が約6割でトップ、レオパレス21調べ

8/2(水) 10:26配信

SUUMOジャーナル

(株)レオパレス21(東京都中野区)は、全国のひとり暮らしをしている20~30代の社会人男女計600名(男女各300名)を対象に、「ひとり暮らしに関する意識・実態調査」を実施した。調査時期は2017年7月7日(金)~7月11日(火)。調査方法はインターネット。
「どのようなときに部屋へ人を呼びたいと思いますか?」という質問では、「恋人と過ごしたいとき」が35.8%でトップ。次いで「お酒を飲みたいとき」26.5%、「新しい部屋に引っ越したとき」24.8%、「相談事があるとき」15.5%と続く。また、女性は「新しい部屋に引っ越したとき」との回答が32.0%で2位となり、男性の17.7%に比べて、引っ越したときに人を呼びたいという意識が高いことがわかった。

「部屋に人を呼ぶ際に掃除・整理する部位(場所)はどこですか?」という質問では、「トイレ」が70.3%で1位、次いで「玄関」58.2%、「キッチンまわり」54.7%、「洗面台」46.7%、「ベッド」35.0%の順。昔から玄関は家の顔、トイレは住んでいる人の心を表すとよく言われるが、ひとり暮らしをしている20~30代の社会人も人を呼ぶ際には特に意識して掃除・整理していることがうかがえる。

「他人のひとり暮らしの部屋に行った際につい気になってしまう部位(場所)はどこですか?」という質問では、「トイレ」を挙げた人が約6割を占め、次いで「キッチンまわり」、「玄関」という結果。また8割以上の人が、気になった場所があっても「相手に気を遣って言わない」(82.3%)と回答している。

「隣の部屋に住んで欲しい異性の有名人は誰ですか?」という質問では、男性芸能人では「福士蒼汰さん」、次いで「高橋一生さん」、「星野源さん」の順。「福士蒼汰さん」の理由は“カッコいいから”がその多くを占め、“偶然顔を合わせたときに癒されそうだから”という具体的な回答もあった。

女性有名人では、「綾瀬はるかさん」と「新垣結衣さん」が同票を集め1位、3位は「石原さとみさん」。3人を選んだ理由は“かわいいから”“キレイだから”がほとんどだったが、中には “たまに会ったとき、しぐさを見るだけで癒されそう”“共有部分ですれ違ったりするだけで幸せを感じる”“ベランダでふと顔を合わせたりしたらドキッとする”など、偶然の出会いに期待する声もあった。

ニュース情報元:(株)レオパレス21

ニュースSUUMO

最終更新:8/2(水) 10:26
SUUMOジャーナル