ここから本文です

マクラーレン・ホンダのバンドーン「新パーツを試し、好感触。後半戦の進歩に期待」/F1テスト初日

8/2(水) 9:42配信

オートスポーツweb

 ハンガリーでのF1インシーズンテストが1日にスタート、マクラーレン・ホンダは初日はストフェル・バンドーンにより走行を行った。途中、オイル漏れにより走行時間をロスしたものの、バンドーンはさまざまな新パーツを試しながら、ランチタイム前からセッション終了間際までタイムシートのトップを維持した。

2017年ハンガリーF1合同テスト1日目 ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)は全体の2位だった

 午前中にバンドーンは全体のトップタイムを記録したが、ランチタイム直前、チームは液漏れの症状が疑われるとして予防的措置でマシンをとめるようバンドーンに指示した。チームはシャシーとパワーユニットの両方をチェックした結果、エンジン関連の漏れであるとの結論に至った。ホンダR&Dプリンシパルエンジニア、中村聡氏は、オイル漏れの問題が起きたと述べている。

 バンドーンは16時前にコースに復帰、セッション終盤までタイムシートの首位にとどまっていたが、最後にフェラーリのシャルル・ルクレールに抜かれて2位となった。

「途中、(トラブルにより)中断しなければならなかったが、それでもとても有意義な一日だった」とバンドーン。

「一日を通して新しいパーツをマシンに装着してテストした。これに関してとてもポジティブに感じているし、一日のなかで正しい方向に進んだのは間違いない」

「新しいパーツをコース上で試し、新パーツがいい反応を示し、マシンのパフォーマンス向上を確認できるのはうれしいことだ。もちろんこれはテストだから、大きな意味は持つわけではないけれど、役立つデータを集められるから、それを分析して、理解を深めることができる。2日間にわたってたくさんの作業を予定している。サマーブレイクの後、また一歩前進してシーズン後半に向上できることを願っている」

「レースウイークエンドの後のテストはいつだってチームにとって貴重な機会になる。うまくいったこと、うまくいかなかったことの確認ができるし、週末のセッションで試すのはリスクが大きすぎるような新しいパーツを導入するチャンスにもなる」

「ハンガリーで僕らはとてもいい週を過ごした。常にトップ10に入っていたことはポジティブなことだよ。ランド(・ノリス)が走る明日も順調にいって、頑張ってきたチームがサマーブレイクを迎える前に、貴重なデータをさらに集めることができるといいね」

[オートスポーツweb ]