ここから本文です

航空石川ナイン、甲子園へ出発

8/2(水) 15:51配信

北國新聞社

 7日開幕の第99回全国高校野球選手権に出場する航空石川ナインは2日、輪島市の同校から、8年ぶり2度目の甲子園に向けて出発した。

 ナインは出発を前に、敷地内にある能登航空神社で必勝を祈願した。中村隆監督は「石川県大会で負けたチームの悔しさも背負って、はつらつとしたプレーを見せる」、三桝春樹主将は「ベスト8以上を目指し、全員で頑張る」とそれぞれ誓った。地元輪島市のエース佐渡裕次郎選手も「小さい時から夢見た舞台を楽しむ」と意気込んだ。

 出発式では、小林学校長が「落ち着いていつも通りの力を発揮してほしい」と激励した。ベンチ入りする18人をはじめ、サポート部員ら計35人がバスに笑顔で乗り込み、宿泊先の大阪へ向かった。生徒や教職員約400人が校門まで列をつくって見送った。

 ナインは3日午後3時から甲子園練習に臨む。組み合わせは4日に決まる。

北國新聞社

最終更新:8/2(水) 15:51
北國新聞社