ここから本文です

引退表明のFC東京MF石川直宏が会見実施「ここから先は不安より楽しみ」

8/2(水) 17:40配信

SOCCER KING

 今季限りでの現役引退を発表したFC東京所属の元日本代表MF石川直宏が2日、記者会見を行った。

【動画】今季のJリーグは「ロングシュート」がすごい!

 石川は引退を決意した理由について「自分の体を客観的に見て、もちろん治る可能性を信じていましたし、自信もあります。ただ、自分の満足するプレーができるかは自分次第ですけど、自分のプレーに期待してくれる多くの方々に対して、みなさんにとっての活力になるプレーができるかと考えたら「?」が浮かびました。そう感じた時に、プレーを続けるべきではないと考えたのも決断に至った一つです」と明かした。

 そのうえで「僕なりの決断を伝えたからといって、チームメイト、スタッフ、ファンに一緒になって戦ってくれとは思っていなくて、あくまで個人的に決断したものです。ただ、そういう思いが、よりクラブを一つにして成長させてくれると感じた部分があったので、ここから先は不安というより楽しみのほうがあります」と残りのシーズンを、チーム一丸となって戦っていく姿勢を示した。

 石川は1981年生まれの36歳。横浜F・マリノスのジュニアユース、ユース出身で、2000年にトップチームに昇格した。02年4月にFC東京へ期限付き移籍で加入すると、翌年8月に完全移籍を果たす。04年、09年のJリーグナビスコカップ(現ルヴァンカップ)優勝、11年の天皇杯制覇など、数々のタイトル獲得に貢献した。しかし、近年は腰椎椎間板ヘルニアや左ひざ前十字靭帯断裂と負傷に苦しみ、今季はここまで出場機会はなかった。J1通算289試合49得点、J2通算23試合3得点、J3通算2試合0得点を記録している。

SOCCER KING

最終更新:8/2(水) 17:40
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合