ここから本文です

11人揃わない?雷再試合の“25分マッチ”、名古屋の選手補充が特例で認められる

8/2(水) 18:18配信

ゲキサカ

 選手が試合中に移籍した。公式記録上はそういうことになるのかもしれない。日本サッカー協会(JFA)は2日、同日に再試合が行われる名古屋グランパス対ヴァンラーレ八戸に関し、名古屋が出場選手の不足分を大会にエントリーした選手から補充することを特例として認めたと発表した。すでに八戸にもこれを通達し、了承を得ているという。

 7月12日に行われた同試合は、名古屋が1点をリードして迎えた同20分に雷雨のために中断。その後、試合中止が決定し、再試合は後半20分からの再開となることが決定していた。

 レギュレーションでは原則として中断時点と同じメンバーが出場し、新たに補充することは出来ないとなっていたが、名古屋は中断時にピッチにいたDF古林将太(→仙台)、MF矢田旭(→千葉)が移籍。ベンチにいたメンバーも含めるとDF高橋諒(→湘南)、MF磯村亮太(→新潟)も欠くことになっていた。

 JFAによると、再開試合は極力中断時と同じ条件で行うことになっているため、試合再開時は原則として、中断時点と同じメンバーでなければならない。しかし、名古屋は再試合を前に出場選手が11人に満たなくなり、試合中断時と同数の選手数確保という大条件をクリアできない状況となることが分かった。

 天皇杯実施委員会は名古屋からの申し出を受けて検討した結果、出場選手の不足分を大会にエントリーした選手の中から補充することを特例として認めたとしている。

 メンバーが発表され、中断時にベンチにいたFW佐藤寿人とMF田鍋陵太、MF宮原和也が“先発”。ベンチ外だったMF田口泰士とMFワシントンが出場することになった。ベンチにはGK武田洋平、MF青木亮太、FWシモビッチが入る。

 なお、交代人数に変更はなく、名古屋は残り2人、八戸は残り1人。スコアも中断時と同じ、1-0の名古屋リードで再開される。

 以下、再開時のメンバー


[ヴァンラーレ八戸]
先発
GK 33 田中賢治
DF 3 成田諒介
DF 22 穂積諒
MF 4 前田柊
MF 27 野垣内俊
MF 10 新井山祥智
MF 29 金久保彩
MF 9 吉川翔梧
FW 18 谷尾昂也
FW 11 村上聖弥
FW 8 高見啓太
控え
GK 1 山田賢二
DF 14 金井隆太
DF 21 須藤貴郁
MF 5 児玉昇
FW 20 三根和起
監督
柱谷哲二

[名古屋グランパス]
先発
GK 18 渋谷飛翔
DF 36 酒井隆介
DF 3 櫛引一紀
MF 17 小林裕紀
MF 25 杉本竜士
MF 7 田口泰士
MF 8 ワシントン
MF 14 田鍋陵太
MF 15 宮原和也
FW 19 押谷祐樹
FW 11 佐藤寿人
控え
GK 16 武田洋平
MF 23 青木亮太
FW 9 シモビッチ
監督
風間八宏

最終更新:8/3(木) 1:27
ゲキサカ