ここから本文です

ハスを思わせる江蘇大劇院 南京に8月オープン

8/2(水) 13:30配信

CNS(China News Service)

【CNS】上空から見ると、ハスの葉状に広がる高架式の土台の上に、四つの建物がハスの葉のしずくのように載っている。

【写真10枚】上空から見た江蘇大劇院

 江蘇大劇院(Jiangsu Center for the Performing Arts)は、さながら柔和さと壮美さを兼ね備えた現代アート絵画のようだ。中国・南京(Nanjing)の河西(Hexi)濱江(Bingjiang)に位置する江蘇大劇院で20日、開幕発表会が行われた。正式オープンは8月5日で、芸術殿堂の大きな門が開かれることとなる。

 ミュージカル、音楽、ダンス、戯曲、話劇など多くの芸術分野が集結する現代型の大劇場で、常に芸術性の高いいわゆる「名家、名団、名作」などを上演し、世界の本格的な芸術の魅力に身近に触れられる場を提供する。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。