ここから本文です

ロシア郵便、中国小包が“占領”? 国際小包9割が中国発

8/2(水) 13:15配信

CNS(China News Service)

【CNS】ロシアメディアによると、今年の上半期にロシア郵便が処理した国際小包は1億4740件を超え、前年同期比(9870万件)で50%増加した。今年末までの予測では、3億4千万件を超える見通しで、そのうち約9割が中国からだという。

 現在、ロシアのeコマース企業が懸念しているのは、もし、ロシア郵便が本国の小売業対策を新たに打ち出さなければ、ロシアの郵便が中国のロシア市場拡大の「道先案内人」になってしまうだろう、という点だ。

 ロシア郵便によると、ロシアに送られてくる国際小包のうち90%が中国とシンガポールからで、小包の多くはアリババグループ(Alibaba Group)が運営する大手海外通販サイト「アリエクスプレス(AliExpress)」からのものだ。このほか、オンライン通販大手の「京東(JD.com)」や大手通販オークションサイトの「イーベイ(eBay)」、アマゾン(Amazon)などもある。

 郵便物流の効率化とロシア通関当局との協力もあって、年初に同国の小包数量が最高峰を迎える原因にもなった。

 アリババグループ代表のジャック・マー(Jack Ma)は、現在の中国の配達量が1日平均1億件で、2025年には1日10億件まで達するだろうと予測している。

 一方、ロシアインターネット貿易公司協会のヒョードロフ会長は、もし中国の配達量がこの予測通りに増え続けるとすれば、ロシアでeコマースを手がける小売業は、すべて根絶することになるだろうと懸念する。

 ロシア郵便はすでに海外小包の「免税ルート」になっており、これはロシア税関の巨大なブラックホールであろう、とヒョードロフ会長は語る。2017年ロシア郵便が受領した3億4000件の小包の合計金額は3500億ルーブル(約6500億円)。すべては税関を避けてロシアに届いたのだ。

 ロシアインターネット貿易公司協会は、ロシア郵便が今後、国内のeコマース企業にさらに関心を払っていかなければ、ロシア郵便は中国がロシア国内へ市場を拡大するための「道先案内人」になってしまうだろうと危惧している。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。