ここから本文です

トランプ氏は長男に声明作成を指示せず、「口を出した」だけ-報道官

8/2(水) 8:38配信

Bloomberg

ホワイトハウス報道官は1日、トランプ米大統領の長男、トランプ・ジュニア氏が出したロシア人弁護士との面談に関する声明の作成にトランプ大統領が関与していたと述べた。これは大統領の代理人が2週間前に行った説明と矛盾する。

米紙ワシントン・ポストは先月31日、ジュニア氏の声明はトランプ大統領が指示したものだと伝えた。この記事について質問されたサンダース報道官は、トランプ大統領は指示したのではなく、「父親なら誰しもやるように、自分が持つ限られた情報を基に口を出した」と説明。「断じて指示はしていない。今言ったように、口を出して提案した」と述べた。

ジュニア氏は発端となった声明で、自分とロシア人弁護士は主としてロシア人の子どもの養子縁組に関して議論したと説明。その後、トランプ大統領の個人弁護士、ジェイ・セキュロー氏はこの声明の作成へのトランプ氏の関与を否定していた。原題:Trump ‘Weighed In’ on Son’s Statement on Meeting Russian Lawyer(抜粋)

Shannon Pettypiece

最終更新:8/2(水) 8:38
Bloomberg