ここから本文です

迫りくる強行日程 谷原秀人を悩ませる「世界選抜入り」の可能性

8/3(木) 6:34配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 事前情報(2日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

【写真】父搬送の緊急事態も「全英女子」出場を決意した宮里藍

世界ランキング上位者の資格で「WGCブリヂストン招待」に初出場する谷原秀人。会場のファイヤーストーンCCでは、9月末の米国選抜と世界選抜の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」出場の可能性がある谷原に、往年の名選手たちがあいさつに来るシーンがあった。

大汗をかきながら精力的に調整する38歳のもとには、世界選抜チームのキャプテンを務めるニック・プライス(ジンバブエ)、副キャプテンのひとりであるマイク・ウィア(カナダ)らが歩み寄った。2年に1度の対抗戦までは2カ月を切り、首脳陣は現地で選抜入りの可能性がある選手の様子を視察している。

両チーム12人で争われる同大会。世界選抜チームは、米国と欧州勢を除く選手から9月4日付の世界ランキングで上位10人が自動選出され、残り2人はキャプテン推薦で決まる。現在トップの松山英樹の選出は確実で、谷原は11番目。池田勇太が15番目に付ける。

仮に自動選出枠に届かずとも、谷原は今季欧州ツアーでブレークした選手のひとり。そして、エース級の活躍が求められる松山の相棒として期待される。4月にダブルスで行われた米ツアー「チューリッヒクラシック」ではコンビを組み、プライスも「(4位に入った3月の)マッチプレーでの活躍を見た。パットがうまい選手だと知っている」と評価した。

ただし、本人には選出された場合の不安がある。現在、来シーズンの米ツアー出場権をかけた入れ替え戦への参戦が可能だが、全4戦のシリーズ最終戦「ウェブドットコムツアー選手権」が、プレジデンツカップと同週に開催されるのだ。来季ツアー出場権は4戦の合計獲得賞金額で決まり1試合でも欠場するのはもちろん痛手。「その前の3試合で頑張って決めるしか…。それかプレジデンツカップに出ないか…」と苦しい決断を迫られる。

また、全4戦のオープンウィークには自身のスポンサー主催の国内ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」が千葉で開催されるため、日米往復を含む過密日程が避けられない。

「今週、来週で頑張るのが一番楽で、体をラクにするパターン」というのが、今週の世界選手権、次週のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」で上位成績を収めること。レギュラーシーズン最終戦までにフェデックスカップランキングの125位以上のポイントを積み上げれば、来季はシード選手として米ツアーでプレーが可能(いずれかの試合でトップ10以上の成績は最低条件とみられる)になる。

だからこそ、今週からのビッグトーナメント2連戦は、自身の体を守るためにも大切な試合。「(日程のことは)全米プロが終わってから考えます。もう、考えたくもない!(笑) まずは今週、来週と頑張る」。実績を重ねたからこその苦しみに、頭を悩ませる夏場だ。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)


<谷原秀人の今後の想定スケジュール>
8月3―6日/WGCブリヂストン招待/オハイオ州
8月10―13日/全米プロゴルフ選手権/ノースカロライナ州
8月17―20日/(オープンウィーク?)
8月24日―27日/(オープンウィーク?)
  (以下は入れ替え戦に出場する場合)
8月31日―9月3日/第1戦・ネーションワイドチルドレンズホスピタル選手権/オハイオ州
9月6―10日/ISPSハンダマッチプレー選手権/千葉
9月14―17日/第2戦・アルバートソンズ・ボイジーオープン/アイダホ州
9月21―24日/第3戦・DAP選手権/オハイオ州
9月28日―10月1日/最終戦・ウェブドットコムツアー選手権/フロリダ州 or ザ・プレジデンツカップ/ニュージャージー州