ここから本文です

マツダ世界販売、1%増の37万7000台 2017年4~6月

8/3(木) 6:30配信

レスポンス

マツダは8月2日、2017年4~6月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は37万7000台。前年同期比は1%増だった。

画像:マツダの主力車

市場別実績では、北米が前年同期比6%減の10万6000台。このうち、米国は10%減の7万3000台にとどまった。米国では、新型『CX-5』など、SUVの販売が好調。しかし、セダン系は落ち込む。一方メキシコは、前年同期比11%増の1万2000台と回復する。

中国は、4~6月期としては過去最高の7万1000台を販売。前年同期比は20%増と大幅に伸びた。小型車減税で好調な『アクセラ』をはじめ、新型SUVの『CX-4』が販売増に貢献する。

欧州は6万4000台を販売。前年同期比は3%減とマイナスに転じた。ドイツは8%増の1万8000台と好調。しかし、英国は19%減の7000台と、2桁の落ち込み。ロシアは26%増の6000台と回復。

マツダの2016年度の世界新車販売台数は、155万9000台。前年同期比は2%増だった。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8/3(木) 6:30
レスポンス