ここから本文です

【柔術】韓国人気グループBIGBANGのV.Iが公式戦デビューで準優勝

8/3(木) 11:54配信

イーファイト

 7月17日(月・祝)大阪・豊中市立武道館ひびきにて開催されたJBJJF格闘技大会『第1回西日本柔術新人選手権』に韓国出身の人気アーティストグループ「BIGBANG(ビッグバン)」のメンバーであるV.I(韓国名:スンリ)氏が出場し、柔術の公式戦デビュー戦で階級別3位、オープンクラス準優勝の成績を収めた。

【フォト】公式戦のデビュー戦で奮闘するV.I氏

 V.I氏は以前より柔術愛好家として知られ、地元韓国ではBON JIUJITSU ACADEMYデラヒーバ韓国支部で多忙な合間を縫ってトレーニングに励み、来日の際もスケジュールの空き時間を利用して日本の柔術アカデミーに積極的に出稽古に赴くなど、本格的に柔術に取り組んできたという。

 今回、タイミングが合い念願の柔術デビュー戦を日本で迎えることになったV.I氏は、階級別のアダルト白帯フェザー級で優勝した河村州彦(G.O.柔術)と初戦で対戦。少し硬さはあるもののデビュー戦とは思えない落ち着いた試合運びで互角の攻防を繰り広げるも、ポイント0-0、アドバンテージ1-2の僅差で惜敗し3位に。

 続いて行われた白帯オープンクラスでは、自分より重い階級の北藤稔道(G-FREE)と一進一退の攻防を繰り広げ、ポイント同数のレフェリー判定で惜敗、銀メダルを獲得した。

 大会後、V.I氏は普段の練習に取り組む姿勢とその習熟度、今回の試合の内容などを評価され、青帯に昇格している。

最終更新:8/3(木) 11:54
イーファイト