ここから本文です

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』挿入歌「Forever Friends」ミュージックビデオを岩井俊二が監督!フル映像解禁!

8/3(木) 10:26配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌、DAOKO×米津玄師『打上花火』で話題となった、DAOKO(ダヲコ)。シングル発売、そして映画公開に向け期待が高まる中、原作の岩井俊二(『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』)が監督として、DAOKO『Forever Friends』のミュージックビデオを撮影。映像のフルver が公開された。
今回のミュージックビデオは、当時のドラマで撮影された千葉県飯岡で撮影された。
当時の、一本道、母と争う道、バスを待つ道、小学校、灯台、プールなどで撮影された。岩井俊二監督から解禁時いただいたコメントに、「まさかForever Friends のPV を撮りに同じロケ地にふたたびお邪魔することになるとは人生っていろんなことがあるものです。」とあるように、偶然が重なり撮影された本作。当時のドラマの主題歌であり今回の映画の挿入歌であるREMEDIOS の『Forever Friends』をDAOKO が優しく歌い上げる。
先日公開された以下岩井俊二監督からのコメントにもあるように、当時の世界観を現在に引き戻したDAOKO。岩井俊二監督により新たに蘇った。

【詳細】他の写真はこちら

<岩井俊二 コメント>
まさかForever Friends のPV を撮りに同じロケ地にふたたびお邪魔することになるとは人生っていろんなことがあるものです。
DAOKO さんを4K で撮りながら歳月の流れを痛感しました。
かつてのドラマはK で言ったら約0.5k?当時はそんなスペックで「北の国から」も撮られていたのです。
せめてフィルムで撮っていたら。ネガが残ってたら。
今更ながらいろんな”If”を考えてしまいました。そんなことよりDAOKO さんによってForever Friends が蘇ったことを祝福しないと。ありがたいです。

本日より先行音源の先行配信が開始され、さらに、ジャケ写が解禁!初回限定盤はキャラクターデザイン渡辺明夫 描き下ろしジャケットとなっています!!

●配信情報
「Forever Friends」
8月2日より先行配信開始

【iTunes】
【レコチョク】

●リリース情報
DAOKO 3rd シングル
「打上花火」
8月16日発売

【初回限定盤(CD+DVD)】

品番:TFCC-89631
価格:¥1,620(税込)

イラスト描き下ろしジャケット
DAOKO 2016 ”青色主義” TOUR at 赤坂BLITZ 2016.09.22 ライブ映像収録

【通常盤(CD)】

品番:TFCC-89632
価格:¥1,296(税込)

共通封入特典「DAOKO 2017 TOUR」先行予約シリアル番号封入
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌

<CD>
1. 打上花火/DAOKO × 米津玄師
作詞・作曲:米津玄師 Produced by 米津玄師
*「花火」のアーティスト名表記は、DAOKO × 米津玄師 となります。ご注意下さい。
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』挿入歌
2. Forever Friends/DAOKO
作詞・作曲 REMEDIOS 編曲 神前 暁(MONACA)
※通常盤のみの収録 『神撃のバハムートVIRGIN SOUL』エンディングテーマ
3. Cinderella step/DAOKO
作詞・作曲 DAOKO 編曲 江島啓一(サカナクション)

●作品情報
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
8月18日(金)全国東宝系ロードショー

【声の出演】
広瀬すず
菅田将暉
宮野真守
浅沼晋太郎
豊永利行
梶裕貴
三木眞一郎
花澤香菜
櫻井孝宏
根谷美智子
飛田展男
宮本充
立木文彦
松たか子

【スタッフ】
原作:岩井俊二
脚本:大根仁
総監督:新房昭之
企画・プロデュース:川村元気
監督:武内宣之
キャラクターデザイン:渡辺明夫
音楽:神前暁
主題歌:『打上花火』DAOKO×米津玄師(TOY’S FACTORY)
アニメーション制作:シャフト

<DAOKO(ダヲコ)  プロフィール>

1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。
15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子-』を発売。
2013年16歳にしてm-flo + daoko による楽曲『IRONY』が、映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。2014年には中島哲也監督の目に止まり、映画「渇き。」の挿入歌に『Fog』が抜擢。同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の第3弾作品『ME! ME! ME!』の音楽をTeddyLoidと担当。
2015年3月には女子高生にして1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビューを果たす。同年10月、Double A Side 1stシングル「ShibuyaK/さみしいかみさま」を発売。日本アニメ(ーター)見本市にて公開された、吉崎響×DAOKO 企画による、スタジオカラー アニメーションミュージックビデオ「GIRL」と、児玉裕一監督によるブラインドしていた彼女の全容を明らかにした「ShibuyaK」の2本の映像を公開。2016年4月、新世代クリエイター「PALOW×吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」にて学校法人・専門学校HAL 2016 年度新CM を担当。さらに、“Reebok CLASSIC Furylite WEB Movie” にDAOKO が出演。9月Cygames TVCMタイアップソングに「もしも僕らがGAME の主役で」が決定し、Triple A Side 2nd Single「もしも僕らがGAME の主役で/ダイスキ with TeddyLoid/BANG!」が発売。2017年2月、制作統括・音響監督を庵野秀明さんが務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーションNHK BSプレミアム アニメ「龍の歯医者」挿入歌『かくれんぼ』にDAOKOが起用。3月にはLINE LIVEによる“タテ型”MV「Portrait Film Project」第2弾アーティストにDAOKOが決定し、川村元気氏×関和亮監督が仕掛ける新たな映像表現プロジェクトは20歳になるDAOKOの新たな幕開けとなった。4月、TVアニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」のエンディングテーマに『拝啓グッバイさようなら』が決定。7月同アニメのエンディングテーマとして作詞作曲をDAOKO が担当し、編曲には江島啓一(サカナクション)が手掛けた新曲『Cinderella step』が決定。そして8月18日(金)映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌『打上花火』をDAOKO × 米津玄師にて、挿入歌『Forever Friends』をDAOKOにて決定した。

RADIO レギュラー
J-WAVE「SONAR MUSIC」毎週月~木曜日23:30~25:00 放送。
※毎週火曜日担当:DAOKO
オフィシャルHP

<岩井俊二 プロフィール>

1963 年1 月24 日生まれ、宮城県出身。
1993 年『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか?』で日本監督協会新人賞を受賞。テレビドラマでの受賞者は異例。
初の劇場用長編映画となる『Love Letter』(95年)がアジアで大ブレイク。その独特な映像美は“岩井美学”と称され、熱狂的な支持を集め多くのクリエイターに影響を与えている。
復興支援ソング『花は咲く』の作詞も手がける。
8 月9 日に実写版『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか?』Blu-ray を発売。小説「少年たちは花火を横から見たかった」発売中。

(C) 2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

関連リンク
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公式HP