ここから本文です

【シンガポール】シャトレーゼ、販促物管理にクラウドを導入

8/3(木) 11:30配信

NNA

 販促物管理のクラウドサービスを手掛けるスピーノ(SPinno、東京都台東区)は2日、菓子メーカーのシャトレーゼ(山梨県甲府市)が同社のシステム「スピーノ」を導入したと発表した。6月下旬以降にシンガポール、7月に香港で開業した店舗で運用を開始した。POP(ポップ)などの販促物の発注から納品までの業務負担が大幅に削減できるという。
 スピーノは販促物の発注、デザイン依頼、データ管理、在庫管理、コンプライアンス管理、翻訳、コスト管理、承認などの業務を見える化し、一元的に管理できるクラウドサービス。導入したシャトレーゼの店舗では、必要な販促アイテムをウェブ上で選択するだけで販促物が納品される一方、日本の本部では販促物の内容や個数を把握することができるようになったという。
 シャトレーゼは現在シンガポールで19店舗を展開している。

最終更新:8/3(木) 11:30
NNA