ここから本文です

【イノベーション】2階級制覇を狙う岩浪悠弥「アタチャイのような達人が目標」

8/3(木) 13:50配信

イーファイト

 8月19日(土)東京・新宿FACEで開催される『Join Forces-6』のメインイベント、INNOVATIONバンタム級王座決定戦に出場するWBCムエタイ日本フライ級王者・岩浪悠弥(橋本道場/元INNOVATIONフライ級王者)と、INNOVATIONバンタム級3位・若月勇磨(マイウェイスピリッツ)のコメントが主催者を通じて届いた。

【フォト】日本フライ級王者・石川直樹に左ハイを決める岩浪

 今回、フライ級(50.8kg)からバンタム級(53.52kg)に2階級上げてのタイトルマッチとなった岩浪は「実は、減量がずっとキツかったのでほっとしています。減量から解放された分、パフォーマンスが格段に上がることは間違いありません。5回戦でもスピードは最後まで落ちることなく、いつでもトップギアに入れられます。

 組まれた時のパワー負けが唯一の不安ですが、普段から体重が上の町田光先輩や橋本悟先輩などを相手に練習しているので、どんなに相手が力強かったとしても驚くことはないでしょう。だけど、それでもやっぱり初めての階級なので不安はあります」と階級転向第1戦目で迎えた大一番の心境を語る。
 
 鉄壁のディフェンスを誇り距離感とタイミングを重視してきたテクニシャンの岩浪。そのファイトスタイルもあいまってかプロ戦績13勝のうちKO勝利はゼロ。「その”ゼロ”を先輩達によくいじられるんですよ(笑)だから、もういい加減卒業したいと思います」と話し、今回は”攻め”を多く取り入れるという。

 対戦相手の若月については「テクニックがあって上手い選手」と評し、「テクニシャン同士の試合は自分的に楽しいので、試合が待ち遠しいです」と語った岩浪。
 
 昔から好きな選手はテクニシャンで「ブアカーオ(=ポー・プラムック)のような技術のあるタイプとか、怪物揃いのヘビー級で小さな体格ながらスピードとテクニックで戦っていたグーカン・サキ。そんな中でも一番好きで目指したいのは、アタチャイ(=フェアテックス。ムエタイ史上に残る天才テクニシャン)です。
 
 どんな攻撃でも絶妙の距離感や動体視力でかわして、すれ違いざまの見えない一撃で相手が失神するみたいな倒し方ができるじゃないですか。あの達人のような境地が目標。アタチャイって、強い相手と凄い技術の競り合いをすればするほどポーカーフェイスなんですけど『きっと楽しいんだろうな』って解るんです。そんなゾクゾクするようなステージにまで行ってみたい」と熱く語る。
 
 そして、今回勝利したその先には『KNOCK OUT』という大舞台が見えてくるが「キックボクサー全員が目指す大舞台ですよね。もちろん、僕もその一人です。だけど、まずは若月選手を倒して2階級制覇王者になります」と意気込みを語った。

 一方、若月は伸びのある蹴り技を武器とするマイウェイスピリッツ期待の新鋭。
 
 父親である所属ジムの若月正武会長の元で、中学1年生からキックボクシングを始め、プロデビューは規定下限の15歳と早く、キャリアは23戦。
 
 今回のチャンスについては「まさかメインイベントだとは思っていなかったので気合入っています。相手はすでに2冠王の有名選手。勝てば名前が売れるので絶対にKOで勝ってチャンピオンになります」と気合い十分のコメント。
 
 さらに「今ずっと格闘技漬けの毎日を過ごしています。今回、絶対にKO勝ちでチャンピオンになります。そして、更に成長して『KNOCK OUT』に出たいです」と岩浪と同じく『KNOCK OUT』出場を目標に掲げた。

最終更新:8/3(木) 13:50
イーファイト