ここから本文です

村田諒太は10・22両国でエンダムとの因縁再戦に勝てるのか?

8/4(金) 6:00配信

THE PAGE

世界中を巻き込む大論争に発展した不可解判定で敗れた元ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31.帝拳)がWBA世界ミドル級王者のアッサン・エンダム(33、フランス)と10月22日に両国国技館で再戦することが3日、発表された。会見には、フランスから滞在1日の強行日程で王者のエンダムが来日して出席。日本では、超異例とも言える会見スタイルで因縁の2人は好ファイトを誓い合った。

 村田は5月20日に有明コロシアムでエンダムとWBA世界ミドル級の王座決定戦で対戦。村田は4回にダウンを奪い、グロッキー寸前においつめながら1-2の不可解判定で敗れていた。WBAのメンドーサ会長はジャッジのミスを認め再戦を指令。エンダムを支持した2人のジャッジを6か月の資格停止処分にしていた。
 
 九段下のホテルに用意された会見場は、いつもの世界戦とは様相が違った。
 “いつも”の定義は難しいが、放映局以外の各社のテレビカメラが揃い、スポーツマスコミ以外のメディアが殺到していたのである。元ロンドン五輪の金メダリストは、世界のトップマーケットのミドル級の世界戦で、不可解な判定負けを喫したことで、逆に世間の関心を呼び、ワイドショーで取り上げられ、ボクシングを知らなかった人たちにまで知られる存在になった。
 
 だが、それだけ注目の因縁の試合にしては、会見で火花は散らなかった。

 日本で最も有名になった海外王者のエンダムが、「村田に対する印象は試合前も、試合後も変わっていない。彼は強く、ハードファイトをするアマチュア、プロを通じて結果を残している素晴らしいボクサーだ。2人の強いボクサーが全力を出した結果なのだから、スコアが世界の論争になったのもあたり前のこと」と先に言えば、村田も「きれいごとではなく僕をここまで引き上げてくれた彼には感謝している。判定に関しては第三者の評価なのだから何も言わない。彼とは友情のようなものが芽生えてやりにくいが殴り合う」と王者へのリスペクトを示した。

 ただ、静かなる闘志は燃え上がっていた。

「もっと強い試合を見せ、彼を超えて、その先を見据えたい。再戦はやりやすいとは言えないが手の内を知ったのはお互い同じ。ベストを尽くして、チャンスは逃さない。いろんな意味で、前の試合で評価をもらったが、唯一手元にないのがベルト。それをもって帰ります」

 村田は、言葉を選びながらも正直な胸のうちを語った。

 では、村田は、今度こそ勝てるのか。

 ビジョントレーニングという動体視力を磨くトレーニングを村田に指導している元WBA世界Sフライ級王者で、その卓越したボクシング理論に定評のある飯田覚士氏は、「面白い試合にはなり、当然、村田にチャンスはあるが、100パーセント勝てるとは言い切れない。簡単ではない」というシビアな意見だ。

1/3ページ

最終更新:8/4(金) 16:00
THE PAGE