ここから本文です

ヒューレット・パッカード、背負えるウェアラブルPCを開発 ケーブルにとらわれない自由なVRを体験可能

8/3(木) 8:10配信

ねとらぼ

 ヒューレット・パッカードが、背負って使うVR用PC「HP Z VR Backpack PC」を発表しました。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を接続すれば、ケーブルに動きを阻害されることなく、VRを体験できます。

【使用イメージ】

 工場や医療現場などの教育用VRシステムとして開発された、約4.6キロ(バッテリー等込み)のウェアラブルPC。付属のハーネスに装着することで、リュックのように背負って使えます。バッテリーはホットスワップ対応で、作業中に随時交換可能。

 CPUは第7世代のCore i7 vPro、メインメモリは32GB、GPUはNVIDIAのQuadro P5200(VRAM 16GB)とスペックもプロ仕様。本体を付属のドックに接続してデスクトップPC化し、VR体験で得たデータをそのまま卓上で編集するといった運用もできます。

 発表ページによると発売は9月中で、価格は3299ドル(約36万円)から。同社は危険な環境や医療のトレーニング、バーチャルなショールーム、エンターテインメント施設など、さまざまな利用シーンを想定しています。

最終更新:8/3(木) 8:10
ねとらぼ